Subsequent on our TechGuySmartBuy critique checklist may be the Straight talk VigRX Vigrx versus pro solution samsung Android Fee, Where to buy semenax User reviews semenax the next 4G LTE for Verizon. The Droid Impose is providing an VolumePills VolumePills

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

アメリカ・米国臨床留学や医学英語習得

を目指す人の画期的なトレーニング

それが伊藤メソッド医学英語通信講座

Conversational English Health

Assessment Training 「CHAT」です

USMLECS対策にも最適!!! 受講生が実証済みです!!!!

 

日本初!!! 

インターネット会議システムによる医学英語通信講座!!! 

アメリカ・米国臨床留学を目指している医師や研修医のために役に立つ医学英語はないの?

いざというときに英語で問診を取ることができるようになりたいけれど、どうしたらできるようになるの?そんな疑問に挑戦してみました

医学英語を習得するには実践あるのみです!!! 

あなたは英語で診察、診断、治療のすべてを説明できますか?医学英語通信講座「CHAT」はそれを可能にします

こんにちは、みなさん、「ファミリーメディスン」の伊藤彰洋です。

臨床留学するために医学英語、臨床で使える医療英会話を習得したいと思いましたが、教えられる先生はごく一部しかいませんでした。

もし、真剣に臨床英語を学びたいならば、お金をはたいて海外に行くしかなかったのです。しかし、それはごく一部のお金のある人に限られてしまいます。

誰でももっと簡単に学べて、すぐに役に立つ医療英会話や医学英語を教えてくれる英会話教室があったらどれほど皆さんのお役に立つことでしょうか。そんなことから誰でもどこでも学べる医学英語通信講座「CHAT」を開発しました。

これで臨床英語を学べは臨床留学に役立つことはもちろん、普段の診療で「いざ英語が必要」というときでも心配要りません。

ぜひ、多くの皆さんに参加していただき、CHATの素晴らしさを実感してください。

これらは医学英語通信講座「CHAT」で使用するテキストです。

パソコンとWebカメラとインターネットがあれば 

今すぐにはじめられます

Webカメラがなくても参加されている方もいらっしゃいます。

電話回線でも受講は可能です。 

なにをするの?

インターネット会議システム(スカイプ)を使って

あなたが医師役になり 

模擬患者(アメリカ人看護師)に問診します

(10ー15分程度)

もちろん、会話はすべて英語です

そして、あなたの問診技術に対して

米国家庭医療学会専門認定医

模擬患者(アメリカ人看護師)がフェードバックをします

1回40-50分程かけます。

もちろん、初回は無料で受講できます。

自分の夢の実現のためにもこの機会をお見逃しなく!!!

興味のある方は医学英語通信講座「CHAT」申し込みフォームを御利用ください。

CHATの流れ

ステップ1

インターネット会議システムを使って医師役であるあなたは5-10分程度で模擬患者に問診をします 

例えば

52 years old female sudden onset of chest pain

にて来院

あなたが医師だったらどんな質問をしますか? 

考えてみてください  

ステップ2 

模擬患者(アメリカ人看護師・伊藤Carrie)がチェックリストとあなたの英語に対してフェードバックをしていきます

ステップ3

プリセプター(米国家庭医療学会認定専門医・伊藤彰洋)がチェックリストの解説を交えながらあなたに対してフィードバックをしていきます

あなたはいくつのチェックリストを埋められましたか? 

チェックリストの回答はこちらから

あまりできなくても心配しないでください

CHATを受講することによってこれくらい問診がすぐにできるようになります

初回は無料で受講できますので、この機会をぜひお見逃しなく!!!

どうして「CHAT」が必要なのでしょうか?

近年、多くの医師や医学生が臨床留学に興味を持つようになって来ました

昔から当たり前のように医学英語を大学で勉強してきたのにどうして、多くの先輩医師たちは英語できちんと問診を取ることができないのでしょうか?

それは至って単純です

英語を使って医療面接(問診、身体所見の説明、検査所見の説明、治療の説明)をした経験がほとんどないからです

英語を使って自由に医療面接ができないことは現在も臨床留学を目指す医師や医学生にとって大きな壁となっています

私の経験から言わせてもらえば、どんな英語の教材を使ってもいずれ英語は喋れるようになります

だた、どれだけの時間を英語に費やし方が問題なのです

英語での医療面接も同じです

回数を重ねて経験を積むこと以外には難しいのです

しかし、残念なことに未だに英語で医療面接を練習する機会はあまり多くありません

これでは一向に埒が明きません

ですから、ファミリーメディスンは「CHAT」を開発し、臨床で使える医学英語を皆さんに提供したいと思いました

「CHAT」を通じて、多くの皆さんが英語で不自由なく医療面接を行えるようになってください

そして、自分自身の夢を実現してほしいと思います

興味のある方は医学英語通信講座「CHAT」申し込みフォームを御利用ください。

医学英語を習得するには実践あるのみです!!! あなたは英語で診察、診断、治療のすべてを説明できますか?医学英語通信講座「CHAT」はそれを可能にします!!!

現在、CHATはプライベートレッスンのみ行っています。

 

アメリカ人看護師のみよる医療面接、フォードバックの場合

医学生 3150円 研修医・医師 6300円

 

アメリカ人看護師と米国家庭医療専門認定による医療面接、フィードバックの場合

医学生 5250円 研修医・医師 10500円          

 

値段はすべて税込価格です。
料金は予告なく変更することがありますので御了承ください。
  

受講生の声

静岡県立総合病院 西川豪

私がCHATの講座を受講させていただいたのは、USMLE Step 2Csの準備のため、渡米前にできる準備はないかと探していた時にやってみようと思ったのがきっかけでした。実際この講座のおかげでCsに合格することができ、感想を述べさせていただきます。

この講座が画期的な点を以下挙げたいと思います。

第一に、アメリカのFamily Medicineで臨床経験を積まれた伊藤彰洋先生が企画されている点です。問診の進め方やプレゼンのコツなど、日本の医学教育では教えられないものがアメリカにはあり、日本人の弱点を踏まえた上で丁寧に教えていただけました。

第二に、Carrieさんにより英語を修正していただけた点です。英語圏からの帰国子女でない私からみて一見よさそうな表現でも、ネイティブの者からみたら明らかにおかしいものも実際多く、それらを修正していただけました。その他、医学用語の臨床現場の生の発音、使い分けといったものも教えていただけました。

第三に、Skypeを用いてお互い相手の顔を見ながら進めていける点です。Csは、一般人である患者が理解できる言葉を用いて説明をする、悩みに対して共感を示す、などいった内心面に関わることも要求されます。患者の表情一つ一つを拾い心情をくみ取っていくことは、Skypeなしでは不可能と感じました。

ここで、KaplanCsトレーニングコースを受講すればそれで十分なのではないか?、と思われる方もいるかもしれません。確かに、実際のテスト同様模擬患者には役者を使っており、診察室は本番と遜色なく完備、多くのアメリカ外からの医学生、医者が本番直前に受講している講習です。しかし、5日間(もしくは6日間)コースは日程を通して集中的に知識・技術を教え込まれます。受講したにもかかわらず不合格となった受講生もいると聞かされていたし、実際5日間コースを受講している際、明らかに消化不良で終わってしまった受講生もかなりの割合で目の当たりにしました。私はCHATでの下地があったため、スムースに5日間コースに入ることができ、他のコース受講生から“随分日本で準備してきたのだね”とも驚かれもしました。渡米費用や貴重な日数を割いてCsを受験しにいくわけですから、万全の体制で臨むことをおすすめします。そのために日本にてできる最高の準備として、CHATの講座を強くおすすめします。

 


杏林大学医学部6年生 Maki

 

2年前からCHATで医療面接の指導を受けています。
英会話スクールは星の数ほどありますが、米国で家庭医療研修を修められた医師である伊藤彰洋先生と、看護士である伊藤けありさんという、二人のプロフェッショナルから、直接マンツーマンで医療面接の指導を受けられる機会は、他にないと思います。
レッスンの内容は、医療面接で終わりではなく、ケース・プレゼンテーション、鑑別診断、治療計画のディスカッションまで含み、更に、ケースで学ぶべきポイントについてのレクチャーまで受けられるという密度の濃い内容です。勿論、自分の行った面接には、お二人からきめ細かいフィードバックがあり、毎回ノートがびっしりになります。「レッスン」というより、「トレーニング」と言ったほうが近いかもしれません。
最初はしどろもどろでしたが、先生とけありさんの暖かいお人柄に励まされ、熱心な指導を受けるうちに、徐々に鑑別診断を頭に浮かべながら問診を取れるようになってきました。
時間もフレキシブルで、料金は驚くほど良心的と、全ての面で大推薦の講座です。CHATに興味をお持ちの方は、是非一度トライアルを受講してみることをお薦めします!

 

 

浜松医科大学 森本健さん

 

 
CHATに参加してみて2つの大きな課題をはっきりと認識することができました。 そのことが今回の1番の収穫だったと思います。  
1つ目は英語の力です。英語力が無いことは前々から十分承知していましたし、 CHATを始めるにあたって伊藤彰洋先生に事前にメールで相談もさせていただきました。ですから英語で大きくつまずくであろう事は容易に想定できていましたし見事に想定通りになりました。しかし、想定するのと体感するのとではインパクトにもモチベー ションに与える影響の大きさにも雲泥の差がありました。心から英語を勉強したい、 しなくては!と思うには英語の力が不足していることを体で感じるのが一番効果的だ と思いました。これだけ英語ができない僕でも楽しく学習することができたのはまさ に先生の適切なヘルプがあったからにほかなりません。ありがとうございました。  
2つ目は問診と鑑別診断を同時並行で互いをリンクさせながら行うことです。これは今まで自分が実際にやった事が無かったので想像以上に難しく感じました。今まで自分が行ってきた書物を使った勉強法では各疾患を想定した問診項目、及び問診結果からの鑑別診断それぞれの力をつけることは出来ても、これらを同時に頭の中で行ったり来たりしつつ患者さんともコミュニケーションをとれるようになるのは難しいと思いました。そのためにはやはり指導者の下でそれらを実践するしかないのではないかと思います。身近にそれが出来る環境があれば望ましいのですが、たとえそうでな くてもこのような形で学習できるということは大変すばらしいことです。本当に良い時代に生まれたなぁと思います。  2つとも大変大きな壁ではありますが頑張って乗り越えていきたいと思っていま す。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

信州大学医学部 伊藤剛さん

       

初回のCHATはとても有意義なものになった。伊藤彰洋先生を上級医に、奥様けありさんを患者さんになぞらえたOSCEだった。現在のブロードバンド環境はweb上での音声o映像の交換を非常にスムーズにさせているため、パソコン上でのコミュニケーションはまったく問題がないように感じた。実際今回のweb上OSCEは問診、診察(web上でできない唯一のことだが、上級医が解説)、鑑別診断、次にすべき検査、といった構成だった。日本のOSCEと同じと感じたことといえば、患者さんとの接し方、話し方。これについては、患者さんの目線で話し、患者さんの苦痛を理解しようという姿勢は万国共通非常に大切なことだといえる。違う点といえば、日本のポリクリでは次に必要となる検査まで問われないという点であろう。 モニターとして初回になった今回のCHATで既にたくさんのことを学習できたと感じている。これからは英語での型を学び、よりスムーズにOSCEが行いたい。

興味のある方は医学英語通信講座「CHAT」申し込みフォームを御利用ください。

 

 

 

 

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン